物件探し

さて、先に述べた条例を内容を全部・・・・・・とはいかないが、きちんと何が言いたいのかということを頭の中に入れたら、物件探しということになる。

一戸建てならば基本的に家族で住むので基本的な問題としては匂いや動物がよその人が被害を被らないように躾けることが重要となるが、マンションとなればまた話が違ってくる。

基本、マンションなどでの居住内容として、大家が動物を飼うことを容認しているかどうか、ということが最大の焦点になってくる。憧れだった動物達との生活、思いっきり満喫しよう! なんて考えても、住む予定の場所が動物を飼うことを容認していなければNGだ。

でも黙って飼えばばれないよね? なんて考えている人は赤ん坊の頃から人生をやり直せと罵倒したい。ばれずに飼う事ができるわけがない。人間から体臭から出るように、動物にも種類に応じた匂いが出ているのだ。

飼っているとよく分からないのだが、他人からすれば匂いが付いている、なんてこともある。引っ越すときに匂いが壁に残っていて、大家とのトラブルに発展する、なんて話も良くあるという。

初めから飼う予定がある人は、そういった物件探しをしなければならないのだが、普通に不動産屋を伺っても中々恵まれた物件にめぐり合うことも難しいかもしれない。

やはりこのご時勢ということで、住まい探しも気軽にネットで検索するなんていう、便利な時代になったものだ。少し前は不動産屋をめぐって、条件と納得のいく住まいを探すと言う光景も今ではそう目にすることもないだろう。

私に限ったことかもしれないが、不動産屋を目にするとついつい、どんな物件を取扱っているのかという間取りを見てしまう、なんてこともある。ただそれを意識してではなく、外出先の暇つぶし、または新聞などに同封している物件のチラシなどで、こんな家があるんだぁと、少し年寄りじみたことも考えてみたりする。

まぁ個人的なことはさておき、そんなペット可能物件をお求めの片にお勧めのサイトをご紹介しよう。

これらのサイトは、ペットを飼う人専用の物件を紹介しているサイトになっています。

普通の不動産サイトで紹介されているペット可能マンションと言うものは、初めからペット可能という条件だという物件ばかりではないということだ。

中には入居所が少ないために条件を追加した、また既に住んでいる人からの要望多数で決定した、といったことでペット可能になったという経緯のマンションもある。そんな集合住宅の場合、入居する前はペット禁止を明確にしていたにも関わらず、住んでから数年たったと時に、多数決でペット可能になってしまったなんてひどすぎる、というふうに思う人も中にはいる。大半の場合、そうなる人は動物などにアレルギー体質を持っている、または元々動物が嫌い、という人がほとんどだ。

先住者が以前の条件だから気に入っていたのに、後からペット可能になるなんてずるい、といった声が上がるのも仕方ない。

そんなトラブルに見舞われたくない、という人はぜひとも上記のサイトを利用していただきたい!!

特に上記の3サイトは、ペットを飼う人を大前提とした物件紹介サイトとなっており、物件にはペットが苦手という人は基本的にいない、飼う際にもきちんとした設備が既に用意されているなど、飼い主、または飼い主になろうとしている人にはちゃんとした住まいを探せるサイトとなっています。

ここでは主なペットの飼い方のマニュアルも載っており、飼いたいものが決まっている人はこちらを参照して、理解を深めてペットとの共同生活を楽しんでもらいたい。

但し、物件によっては飼うことの出来るペットの大きさや種類が限定されていることもあるので、物件が決まったら必ず不動産屋に足を運んで、どんなペットが飼えるかを把握する必要がある。この時もトラブルを招くような行動を慎まなければ、住んでいる際の隣人トラブル、退去する際のトラブルに発展する恐れがあるため、気をつけよう。

もちろん、上に述べたサイト以外でもペット可能を条件にして物件探しを出来るが、やはりこうしたどうしても外せない条件としてペット可能物件を探している人がほとんどだろうということを考えれば、こうした専門サイトでの住まい探しをお勧めしたい。

ペットと暮らしましょう
人間、何事も話すことから始めなければ、何も前進しません 。信じられないなら、信じられるように誠心誠意、真心を持って、上尾・越谷・所沢・川越・大宮・浦和・朝霞の賃貸情報|積和不動産関東(株)MASTWEB埼玉はお客様をおもてなし致します! 。

飼うとなると、やはり人間だけでなく、動物達のための病院や日用品の購入するための施設が側になければ不便なためだ。飼っている人間から言わせて貰えば、動物に必要な生活日用品の費用も馬鹿にはならない。それこそ人間と同様に考えなければならないのだ。

特に食事に関しては、やはり好みという問題が出てきてしまい、これがためになると考えても動物達が食べなければ何の意味もないのだ。こちらのエゴで勝手に決めてしまうことに変わりないのだが、無理に合わない餌をあげることは動物達の体調不良を招く事態になる。

体調がよくないと分かったときも、どこに動物病院があるのか把握していなければ探すところから始めなければならない。もし探すことをしていないときに限って、腎不全などの重い病気が発病した場合、一分一秒の猶予もないため迅速な行動が求められてしまう。

ここで注意事項としてだが、ペット可能物件だからといって、必ずしも近隣に動物病院や動物のための日用品が売っている場所があるとは限らないので、こちらも出来れば住む前に調査しておいて損はないだろう。日用品に関しては通販という便利ツールがあるからと高を括っても構わないが、病院に関しては把握は最重要課題として考えてもらいたい。

もう少し早ければ助かったのに、なんて後悔と悲嘆に明け暮れるよりも、きちんと調べておいて良かった、と安心できる方がいいに決まっている。

ともに生活していくうちに情が湧き出るのは当然のことだ、動物達と生活することによって命という、自分一人だけでは知らなかった世界を見ることもある。自分たちもこんなだった、なんて思うときもあるのだ。

特に犬や猫の出産光景、子猫や子犬が育っていく過程は勉強になる。私も今まで何回も猫の出産と子猫の成長過程を見てきた。そして同時に、子猫が無事に育たずにわずかばかりの生を終えてしまう瞬間も目撃してきた。そのたびに涙した、そして命というのがどれだけ尊いものかも理解しているつもりだ。

ペットを飼って、子猫や子犬が欲しいなんて思って妊娠させたいと思っている方は、より覚悟を持ってもらいたい。

親である犬や猫達の力だけでは、子供達が無事に育たないなんてことはざらにあること、そんな些細な変化も飼い主は見逃してはならない。時に我々が子育てに関与して、命を守らなければならない。生まれたばかりの可愛さに魅了されるのは当然だが、そこには小さな命を失う危険性も同時に孕んでいるという事に気づいてもらいたい。

これは人間の子供同じことが言えるのだと、誰もが知っていてもらいたい当然の義務だと、一体何人の大人たちが子供に教えているのだろうか。

私はそんな命が生まれ、失う瞬間という貴重な場面を何度も見てきたことは本当に恵まれていると思う。

動物を飼おうとしている人は、やがて来る動物達との死という別れにも耐えなければならない。いうなれば、動物と暮らすということは最期の瞬間まで一緒に生活をしていくという、人生を共にする気持ちで是非とも飼ってもらいたい。